2007年04月22日

写楽考

お芝居の話。

先日 「写楽考」を観に行きました。

写楽は 江戸の町に突如現れ、10ヶ月の間に150点近くの絵を残して
忽然と姿を消した人物...

恥ずかしながらワタシは、
写楽が ”謎の浮世絵師”であることを忘れてました。
そう言えば 真田広之さん主演の映画「写楽」があったなぁ…と
今ごろ思い出した次第です(^-^;)

写楽は誰か?という研究も多く、さまざまな説があるようですが、
だからこそ、この作品のようなオリジナルの写楽もありなのでしょう。


お芝居はと言うと、座りのシーンが多く台詞も多い、しかも時代は江戸時代。
・・・出演されている6人の役者さんは、さぞ大変だろうと思います。

写楽を演じる 堤真一さん。

前半は ちゃらんぽらんで情けない男(こういうの、巧いですよね〜)ですが、
ある事件をきっかけに人生が一転し、中盤以降はガラっと変わって
その丸めた背中が 絵を描ける喜びと悲哀を物語っていて、
ラス前:見せ場の迫力シーンでの キメのポーズにビックリ(゜o゜)

演技の振り幅の広さ・巧さ、そして う〜ん、なんというか、
とにかくやっぱり スゴイ役者さんだなぁと思います。


写楽の謎とは別に、予想よりも年齢層の高かった観客の謎があったのですが、
写楽(浮世絵)愛好家や、この戯曲の作者である矢代静一さんのファンの方々も
足を運んでいたようです。
この作品、そんな皆さんにはどう映ったのかな? なんてちょっと気になったりして。


今まで、目にすると当たり前のように「写楽だ!」と思った役者絵ですが、
これからは「どんな人がどんな想いで描いたのかな?」なんて
あれこれ思いを巡らせてしまいそうです。。。

写楽は誰なのか。
知りたい気もするけど、謎だからこそ、より多くの人を惹きつけるのかな...


sharaku.jpg カッコいいわん♪
ニックネーム のあママ at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ロープ

お芝居の話・・・NODA・MAP公演「ロープ」を観ました。

野田秀樹さんの作品を観るのは初めて。
これまで興味があったような、なかったような感じでしたが、
今回、橋本じゅんさん・三宅弘城さん・そして藤原竜也くんまで出演、
これは行くっきゃないでしょ!と思ったわけです。

いつだったか TVで流れてた「パンドラの鐘」をナナメ観したくらい、
全くワタシにとって未知の世界:NODA・MAPでしたが、
いつもストーリーは明かされないまま初演を迎えると聞いたので、
それならヘタに知るのもなぁ…と、今回のお芝居のテーマすら知らずに
予備知識ゼロで劇場に行ったわけです・・・

以下、ネタばれありますのでご注意ください!
しかも 長いです〜(>_<)

お芝居ってことは・・・
お留守番かぁ….jpg お留守番かぁ... がくっ.jpg がくっ↓


続きを読む
ニックネーム のあママ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

タイムマシンがあったら…

お芝居の話・・・ 「ナイス・エイジ」を観ました!

ず〜っと観たい観たいと思いつつ、
これまでなかなか機会に恵まれなかったナイロン100℃。
幅広い年代の演劇ファンで満員の客席に、その人気の高さを実感です(^-^)b

崩壊寸前の家族が、タイムトラベルでそれぞれ過去に行ったり、未来に行ったり。
吹き出し系からクスクス系まで 笑いの要素満載だけど、
なぜだかしんみりしちゃう場面もあって、迎えたあのエピローグ...。

物語もだけど、ベテランから若手まで、個性的な役者陣に加え、
テンポよく 効果的に使われるスクリーン映像や、
交錯する時間を巧く展開する 立体的にくるくる変わる舞台装置。

休憩含め3時間半の長丁場だったけど、長さは全然感じることなく、
難解さもなく、窮屈さもなく、ブラックもない。
この作品、ナイロンの中ではとっつきやすいと言われてるらしいけど、
確かにそうかも…とっても観易くて 楽しませていただきました(^・^)

それにしても、お風呂がタイムマシンだなんて!
しかも、湯加減で年代が決まるだなんて!!( >ワ<)丿

”過去に戻ってやり直したい” ”未来の自分の姿を見たい”
そんなタイムトラベルの小説や映画、アニメなど、多いですよね。
最初に思い浮かんだのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。
「ターミネーター」に「時をかける少女」「戦国自衛隊」もそうだし、
「ドラえもん」「ジパング」、そうそう「タイムボカン」・・・
まだまだいっぱい、本当にたくさんあります。
それだけ人間のタイムトラベル願望が強い、ってことでしょうか...。


で、もし本当にタイムマシンがあったら...過去に行く?未来に行く??


ナイス・エイジ.jpg またお留守番だったわん...
ニックネーム のあママ at 01:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

モッシャン

お芝居の話・・・『噂の男』を観に行きました。

舞台はもちろん、TVや映画でも大活躍の贅沢なキャストによる
”いやーな男たちの、いやーなお話”。。。
確かに ストーリーが進むにつれ、
登場人物それぞれのいやーな部分がじわりじわり…
決して後味が良くないのに、それを見て笑ってる自分に気づきゾゾ〜っ(__;)

演出が「下北サンデーズ」で すっかり準レギュラー?のケラさんなので、
結末のブラックは予想通りでしたが(>_<)、
解釈を観客に委ねるアキラの事故やラストシーンはすごいなぁ、と思います。
(脚本=福島三郎さんがすごい??)

そして、さすがの役者陣。
とーっても楽しみにしていた橋本じゅんさん、もうホント、やばいです!
めちゃめちゃイヤ〜だけど、めちゃめちゃかわゆい(*^_^*)
橋本さとしさん、やっぱり華があります、ほんとステキです〜..
山内圭哉さん、いつもと違う姿に改めてカッコいいなぁとホレボレ。。。
八島智人さん、最初と最後で違いすぎ...巧いですねぇ...
堺雅人さん、スマイルネタで爆笑してしまいました、ごめんなさい(^^ゞ

のあパパが「吉本のノリだなぁ」と言ってたのですが、
劇中漫才の台本は中川家のものなんですってね・・・なるほど。。
パンキチ漫才、また聞きたいな〜(^o^)/


背中かいてくれへんかなぁ
モッシャン.jpg
モ、モッシャン?
ニックネーム のあママ at 00:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

切ない音色

『開放弦』というお芝居を観に行きました。
以前 TV放映で「人間風車」と「ダブリンの鐘つきカビ人間」を見て以来、
ぜひナマで観たかった”大倉孝二さん出演*G2演出”の組み合わせです。

映画にドラマにひっぱりだこの大倉孝二さん、
3年ほど前、あるお芝居を観に行ったとき、
ロビーで”頑張ってください!”と女性ファンから声をかけられてる男性がいて、
誰かな?と思ったら、観劇に来ていた大倉さん・・・(゜o゜)
とっても照れくさそうにお礼を言ってる姿が ホント印象的でした。

彼のお芝居を観るのは2度目ですが、
なんとも言えない風貌と あの飄々とした雰囲気、
思わず笑いを誘う絶妙な間合いと 全身で頑張る(笑)細かいお芝居・・・
舞台でこそ味わえる魅力がたっぷりの役者さんだと思います(^。^)

肝心のお芝居は、というと、
静かに進む物語の中、なんだかまだるっこいようなもどかしいような、
しっくりこない感覚がずーっとつきまとっていたのに、
最後にタイトルの「開放弦」の意味がわかったとき、
ギターの音色がココロに響いて、本当に切なくて 涙がじんわり...

終わってみれば、なんとも切ないラブストーリー、
これは脚本の巧さ?演出の巧さ??役者陣の巧さ???と、
まるでキツネに抓まれたような 良い意味で不思議なお芝居でした。

ステキな空間&時間を ありがとうございました( ^o^)//☆☆


またお留守番で 少々フテクサレ気味?
おいてけぼり.jpg
ニックネーム のあママ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

満足の寝不足

W杯ベスト4をかけた激戦に どっぷり浸った週末。
4試合中 2試合がPKにもつれこむ連夜の激戦に、
眠気も忘れ終始ドキドキ、 ひとり白熱しておりました(^-^;)

残念ながら、ベッカムさま率いるイングランドは敗退...
後半早々 負傷交代でベンチに戻ってしまったベッカムさまですが、
最初からコンディションが悪かったように見えました。
「ベッカムさま、泣かないでー」と TVの前で悲鳴をあげたのは、
きっとワタシだけではなかったと思います...f^ ^;)

そして、やっぱりジダン !!
豊富な運動量と 巧みな試合運びで、
あのブラジルが全くブラジルらしくなかった・・・ スゴイのひと言です(゜o゜)

そんな激闘の中の、心に残るシーン。
PK戦に臨むドイツのGK レーマンの元に、
今大会ずーっと厳つい顔でベンチにいた控えのカーンが近づき、
肩を叩いて声をかけ、最後にガッシリ握手。。
思わず、じわ〜ん ときちゃいました...(/_;)

もううるさいの 慣れたわん
起きないねぇ.jpg
知らん顔して Zzz・・・
ニックネーム のあママ at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

安眠妨害

4時起きです。

今日の試合はベンチの つねさま・・・
つねさまとのあ.jpg
のあさんは、夢の中...Zzz


日本が先制ゴールっ! 喜ぶジーコ!!
ジーコとのあ.jpg
のあさん、ちょっと前進?


きあぁあ〜ぁ、ブラジル怒涛の攻撃に 思わず悲鳴〜(/><)/
なにごと??.jpg
なにごとぉ??

あまりのうるささに とうとう寝ていられなくなったみたい・・・(^-^;)
ニックネーム のあママ at 06:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

起きてーっ

ちょっと のあさんっ!! 寝てる場合じゃないってばっ(-o-;)

ツーショット.jpg
いいなあ、ツーショット。。。
ニックネーム のあママ at 00:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

いよいよ…

いよいよ明日、サッカー・ドイツW杯が開幕ですっ(/*^^)/

2月にトリノオリンピックで大盛り上がりのワタシは サッカーも大好き♪
やっぱりもちろんW杯をとっても楽しみにしてるひとりであります!

今日、会社帰りに寄ったお店で見つけた
サッカーボール&シューズの『サッカーパスタ』
サッカーパスタ.jpg
さっそく今夜のメニューに取り入れて、我が家の前夜祭です(^^ゞ

頑張れがんばれ〜、サムライブルー!!\(^o^)/!!
やっぱりステキ〜、ベッカムさまぁ..(≧m≦)

世界各地で激戦を勝ち抜いてきた強豪チームが集う 4年に1度のBigGame。
はたして今回はどんな大会になるかしら...わくわくどきどき(((o(^。^")o))

ゴールキーパー.jpg
ゴールを守るわんっ
ニックネーム のあママ at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

二人芝居

お芝居を観に行きました。

「ライフ・イン・ザ・シアター」
市村正親さんと藤原竜也さんの二人芝居です。

姉に誘われて 十数年前にワタシが初めて観劇に行ったのが、
市村さん出演のミュージカル「ラ・カージュ・オー・フォール」。
その歌と踊りとお芝居の巧さに すっかりファンになりました。
以来、彼の出演作品にはちょこちょこ足を運んでいます。

藤原くんは、ワタシの中で屈指の若手実力俳優さん。
去年の秋に初めて彼の舞台を観たのですが、
目立つ出演者が多い賑やかな作品だったので、
じっくりと彼のお芝居を堪能する、とまでいきませんでした。

そんな思いのある二人のガチンコ対決、
そりゃ観に行かなくっちゃ!! ですっヽ(^o^)丿

工夫された舞台装置に、早い展開で次々と変わる場面。
さまざまなシチュエーションの中で演じられる
ベテラン俳優と若手俳優の ”ライフ・イン・ザ・シアター”。

それはそのまま市村さんと藤原くんの舞台人生なのかも、と思えるような、
緩急自在の二人のお芝居・・・とっても素晴らしかったです(*^_^*)
ステキな時間を、ありがとうございました!


ライフ・イン・ザ・・・ドッグ?
わんこ人生.jpg
ニックネーム のあママ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

すごい発想

お芝居を観に行きました! 題して 『ハゲレット』

年末の観劇時に大量に配布されたチラシの中で、ものすごく気になって
思わずチケットを購入しちゃいました。

ハムレットと言えば ”悲劇”。
重厚で難しい台詞が多く、セットや衣装が豪華…そんな印象ですが、
今回はタイトル通り、笑い満載のコメディタッチ (^o^)/
悩みが原因でハゲてしまったハムレット という発想がすごいです!

悩み続ける若ハゲのハムレットを演じるのは、
コメディで独特の存在感を放つ 近藤芳正さん。
いやいや、やっぱり上手いです...(*^_^*)

そして、原作を読んだ時からオイシイ役だなぁと思うホレイショーは、
ワタシの大好きな陰山泰さん。渋くて素敵、でも笑いは忘れません(^^ゞ

開演前から客席を楽しませてくれる 心憎い演出もあって、
シェイクスピアのお芝居は小難しい…と思っているワタシには
とっても親しみやすくて ホント楽しませていただきました。

ハムレット役は その膨大で難しい台詞の量に加え、
最後に決闘シーンのフェンシングがあるので、
幕が降りるとヘロヘロだと 何かで読んだのですが、
今日の近藤さんも カーテンコールでは汗びっしょりのふらふら・・・

観る前は「パロディかな?」と思っていたのですが、
お馴染みの”生きるべきか、死ぬべきか”をはじめ、
難しいシーンや台詞を、今風に砕けた台詞回しや掛け合いにしながら、
さらに 端々に笑いの要素を加えつつ、
最後のクライマックスは 笑わされつつも悲しい、という
れっきとしたシェイクスピアの ”ハムレット”でした。


おみやげだよ♪

ごほうび.jpg
お留守番ありがとね(^o^)

ニックネーム のあママ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

キリリ

夜中に始まった トリノオリンピック 男子フィギュアSP。
ライブでプルシェンコ選手の演技を観たくて、
目覚ましを3時にセットして起きました!

いや〜、もうほんと、眠気も吹っ飛ぶ素晴らしさ!
高さ・スピード・技のキレ・そしてなんと言ってもその美しさ・・・
思わずTVの前で ひとりスタンディングオベーションです \(^o^)/

高橋選手も、第一滑走でものすごい緊張の中を頑張っていたし、
ジェフリー・バトル選手の爽やかな笑顔に クラクラしたし(*◎o◎*)、
普段なら夢の中の時間に、なんとも濃ゆいひとときを過ごしました。

フィギュアの演技が始まる瞬間って、選手の「顔」が ばっちり見えるんですよね。
いままで観てたモーグルやアルペン競技、HPやスピードスケートって、
ゴーグルで目の表情までは見えなかったり、引きの絵でスタートして
アップで顔は見えなかったなぁ、と思いました・・・

目に見えぬ大きなプレッシャーを抱えて 氷上に立ったとき、
張りつめた緊張感と研ぎ澄まされた集中力で キリリと締まったその顔は、
どの選手も「ベストを尽くして〜!」と願わずにはいられないほど、
本当に本当に素敵でした。。。


のあも キリリ☆
キリリ☆.jpg


ニックネーム のあママ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

右近さん

『THE 有頂天ホテル』を観ました。

あれだけの豪華キャストを あちらこちらで絡ませて膨らませて、
ラストはみんなで賑やかに「Happy new year!!」(*^^)∠※!.・:*:・゜☆゜

生き物の脱走や別れた妻への見栄とか、巡り廻る幸運のお守り等々、
それだけでクスっとなる お馴染みネタも満載で、
もうホント、三谷幸喜さん、さすがです!見事です!!

できることなら、画面分割で4次元同時中継!みたいに、もっともっと
それぞれのエピソードを観ていたいなぁ・・なんて思いました。

それにしても、本当にベテラン&若手オールスターキャストでしたが、
一番のツボは、反則なルックスと、生真面目さに笑いが堪えられない
筆耕の右近さんです(*^-^*)
立ち膝でカクカク動く姿に、思い出し笑いが止まりません(^^ゞ
そして、最後に見せる照れながら嬉しがる笑顔が とっても素敵。

ほのぼの「サトラレ」、めちゃめちゃカッコイイ斉藤一「新選組!」と、
オダギリジョーさんの出演作は ほんの少ししか観てないのですが、
今クールのドラマで一番のお気に入り「時効警察」といい、
この右近さんといい・・・うぅ、ハマりそう、オダジョー。。(^・^)


被りモノ繋がりってことで。。。
被り物
。。。固まってます

ニックネーム のあママ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

また脱線・・・

また わんこ話から脱線しちゃいますが・・・f(^-^;

1/3の本放送を観たのですが、なんとなくチャンネルを回してしまい、
BSでもう一度観てしまいました、『新選組!! 土方歳三最期の一日』。

・・・前回はそんなことなかったのに、今日は泣きました、ぼろぼろです。

一昨年、大河ドラマ『新選組!』にハマりにハマったワタシです(*^^*ゞ
前半は話に勢いがあって 観る側にも余裕はあったのですが、
生まれてこのかたあんなにドラマで号泣したことはない山南さんの悲劇以降、
毎週誰かがいなくなる辛い話ばかりで、月曜はいつも目を腫らして出勤・・・
最終回はOA前から泣いてたような記憶があります。

この続編はとっても嬉しく待ち遠しかったのですが、反面
”哀しい結末がわかっている”だけに観るのが辛いんじゃ…と思ってました。

だからなのか、たぶん先日の1回目は
「近藤勇がいない土方歳三を、どう三谷さんは描いてる?」と物語中心で
観てしまい、観終わってただただ哀しい気持ちでいっぱいでした。
でも今日は話がわかっていたからか、じっくりと観ることができ、
つくづく1回目は余裕なく観てたんだなー、と思いました(>_<)

汚れて破けてボロボロになった誠の旗・・・
土方歳三の最期のセリフ『かっちゃん』・・・   号泣。。。

もちろんドラマの部分もあるけれど、これは今から1世紀半にも満たない、
ほんのちょっと前の時代の実際の出来事...
そしてワタシは、新選組を受け入れなかった薩長の時代に生きてる...

あ〜ダメだ、また泣けてきちゃった(>_<)。。。


のあママ、やっぱり買ってるのよねぇ
新選組!.jpg

ニックネーム のあママ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

12人

年の瀬って、毎日なにかしら ○○納め があると思うのですが、
今日はまるで 「今年1年お疲れさま〜!」ってご褒美をもらったような、
とっても贅沢でシアワセな ”芝居納め”の日でした(ノ≧∇≦)ノ

もうほんと、めちゃめちゃ良かったです〜、『12人の優しい日本人』。

12人の陪審員が繰り広げる舞台は
・最初から最後まで 1つの部屋の中
・最初から最後まで 12人は全員ずっとでずっぱり
・最初から最後まで ひたすら討論
まさに 三谷幸喜さんならではの作品です。

前に映画版をDVDで見て、とってもおもしろかったのだけど、
これはぜひ お芝居で観たいなぁ…と思ってました。

ただでさえ 人気の高い三谷作品に加え、
よくまぁこんなすごい役者さんを12人も揃えたのねーっ(゜o゜)
というキャスティング、本当にチケットが取れてラッキーでした(^_-)☆

誰が一番良かったかなんて とても答えられません「(^^; )
自分が喋らないシーンでも、みんななにかしら小芝居をしているので、
できれば1回の舞台で1人の役者さんだけを観るx12人分したいです。。(^o^)


今日は会場にカメラが10台くらい入っていたから、
きっとDVD化ありでしょう…そしたら買っちゃおっかなぁ。。ヾ(^o^)ゞ


マタ オ留守番ダッタよ・・・(´。`)
12人.jpg
ニックネーム のあママ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

ア・ラ・カルト

毎年12月だけ青山にOPENするフレンチレストラン「ア・ラ・カルト」に
1年ぶりに出かけました(^o^)

と言っても、そこは役者と音楽家がいるレストラン。
料理ではなく、お芝居と音楽を楽しむところなのです。

オーナーは、ワタシをお芝居の魅力に惹き込んだ白井晃さん。
300人ほどがぐるっと囲む小さな円形のステージで、
レストランに訪れる様々なお客さんの物語を、
白井さんを含め3人の役者さんと 4人のミュージシャンが、
面白おかしく 時にしんみりと ショートショートに繰り広げます。

通い始めてかれこれ何年経ったか忘れちゃいましたが、
これを観ないと年が越せないほど、我が家の年末恒例行事となりました。

ここのところ ずっとゲスト(客演)が1人加わってるのですが、
今年はシャンソン歌手でアコーディオンも弾いちゃうパトリック・ヌジェ氏。
おっきな彼がアコーディオンを弾いて『パリの空の下』を歌って登場した時、
なんだかその場がすっかり ”パリ心地” になっちゃって・・・
おもしろいです、たった1人でお芝居の雰囲気を決めちゃうなんて d(^-^)

ちなみに去年はROLLYで(ギャップがすごいんですが(^-^;) 、
彼が歌った『アマポーラ』は 力強いけど哀愁が漂ってとってもステキで、
いやもうホント、目からウロコでした(゜o゜)


今年もたくさん笑ってしんみりして、ジャズやシャンソンに聞き惚れました。
ああ、これでほんとに今年も終わっちゃうんだなぁ…と実感です。
また来年のOPEN、楽しみにしてます〜っヽ(^o^)丿


ちょっとちょっとぉ、お留守番だったんだから遊んでよぉ(/.\)
遊んでよぉ.jpg
ニックネーム のあママ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

そんな気がする

あれは 塚本クンだったかも・・・。

朝の通勤途中、前方で歩道いっぱいに広がった一団が歩いてて、
おやっ?と思ったら、こじんまりとロケをしてました。

でも もうギリギリの時刻、抜き去る間際にチラッと見えただけなんですが、
照明やカメラスタッフの5,6人が取り囲む中、
スラっとしたキレイな顔立ちの男性が歩きながらなにか喋ってます。

んんん(・・? あの横顔は・・・忍っち??

3M程の至近距離とは言え、両目で視力0.6なので全然確信はないけれど、
髪型・鼻の形・ちょっとあごを突き出して喋るあの感じ・・・
塚本高史クンだったんじゃないかなぁ…と思ってます。

アニや銀次郎も好きだけど、
「マンハッタン・ラブストーリー」好きなワタシなので、
やっぱり彼を見ると今でも「忍っちだ!」と思ってしまいます。

見た感じ、ほんとちっちゃなロケ隊だったから、
なんか情報番組みたいに歩きながらレポートって雰囲気だったけど。。。
塚本クンだったら嬉しいなぁ (*^-^*) ←相変わらずミーハー(^^;ゞ


大好きなのでDVD買っちゃってます(≧m≦)
マン・ラブ.jpg
ニックネーム のあママ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

ハウル

『ハウルの動く城』を観ました。

こういう ”どこかの国のいつかの時代”の宮崎駿監督作品って 大好きです。
動く城の映像とか、キャラクターもおもしろかったし。
賛否両論あって心配だったキムタクは、ハウルのキャラに合ってて
良かったしガンバったと思います。

でも、宮崎作品は、何度も繰り返し観るにつれて、その良さが
どんどん増していくワタシなので、ストーリー的に?な部分が多いハウルは
まだまだ消化不良って感じです。
この先何度も観ていくうちに、どんな風に感じ方・受け止め方が変わるか、
なんだか自分でも楽しみであります。


何度観ても飽きない・観るたびに好きになる宮崎作品といえば、
個人的には やっぱり『トトロ』 ヽ(^o^)丿
まっくろくろすけ に ねこバス、おじゃまたくし に とうもころし (^^ゞ
なんなんでしょう、あのほのぼのとした独特の味わい。最高です!

それから『ナウシカ』。
いろんなメッセージが込められてて、ラストでどうしても涙が出ます。
行楽帰りの高速などで、渋滞のテールランプの海を見ると、つい
「オームの怒りは大地の怒り…」と口走ってしまうのが玉にキズ(^-^;)

そして『紅の豚』。
元は”男のロマンだ”と のあパパが大好きな作品でしたが、
一緒に何度も観ているうちに、すっかりマルコの渋い魅力にはまりました。
森山周一郎さんの声がまた素敵なんですが、ジャン・レノのフランス語版も
これまたイイ味出してるんですよねぇ〜(^_-)☆


週の真ん中がお休みって、こんな夜更かしできて 楽しいなぁ〜!


アナタ ダレ?
新しい友達?.jpg
ニックネーム のあママ at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

観る楽しみ

今日は久〜しぶりに、お芝居を観に行きました。
これ、のあパパとの数少ない共通の趣味であります(^^ゞ
休日なのに悪いけど、のあ、お留守番お願いしますね。。<(_ _)>

お芝居を観るのは昔から大〜好き。
TVで気になる役者さんを見つけると、その人の舞台を観たくなり、
その舞台でまた新たに気になる役者さんを見つけて…の繰り返しです。
コンサートや演奏会なども然り、その時その場でしか味わえないライブ感が
たまらなく好きなのであります。

今日観たのは『天保十二年のシェイクスピア』
こちら連日立ち見も満席なほど話題の舞台、それもそのはずキャストが超豪華!
実際芸達者な役者さんばかり、みんなTVでひっぱりだこなのも納得だし、
このヒトこういう役もできるんだ〜・・なんて新しい発見もあったり、
ウワサに聞いてたけど休憩20分挟んでたっぷり4時間(・・;)etc.
と、いろんな意味で?とっても見応えのある舞台でした。
でも、あまり良い席ではなかったので首や肩がバキバキです。。(>_<)

とは言え、一度舞台を観てみたかった唐沢寿明さんと、
去年の「新選組!」でめちゃめちゃ良かった藤原竜也くん、
念願のふたりのお芝居を観ることができてニッコリ ((o(^。^")o))


一方のあは、今日はいたずらもせず、良いコでお留守番を勤めてくれました。
ありがとう〜のあ、と言う気持ちを込めて、
歯磨き⇒身体拭き⇒ブラッシング とフルコースをしたら、
「そんなの嬉しくないよ…」と、思いっきり迷惑そうな顔されました(^-^;)

まぁまぁ、遠慮しないで。のあさん。。

ドーセ オルスバンデショ・・
いじけちゃえ.jpg
ニックネーム のあママ at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

超おっきい

我が家は「きょうのわんこ」ファンです。

今日の「きょうのわんこ」は、おっきくて黒いニューファンドランドくん。
男のヒトひとり分のスペースは余裕で必要な姿にびっくりっ(゜o゜)
それもそのはず体重は70キロ、ってことは、のあの10倍ですっ、
すご〜〜〜ぉおい(◎o◎;)
一緒に遊びたーいっ、なでなでした〜〜いっ(^_^)/(┘∵└)
おっきなわんこは、ワイヤーフォックスと同様、ワタシの長年の憧れです!

ニューファンドランドつながりですが、「ネバーランド」を観ました。
友達がすっごくいいよ〜とおススメ度★★★★★で貸してくれたのですが、
いやいやほんと、映像の美しさ・じんわりするストーリー・
素敵すぎるジョニー・デップ・芸達者でかわいい子役たちなどなど、
どれもみんな素晴らしくて、何度も観たくなる映画です。。

この映画に出てくるニューファンドランドの"ボーソス"、
もうもうグーです。ヤラレました d(^-^)
特に公園でジョニー・デップとダンスするシーン・・・
もうもうもうもう見とれちゃいました。
他にもいろんなシーンでちゃんと演技してるんですよねぇ。
すごいなぁ、エライなぁ、かわいいなぁ、超おっきいわんこ。。


ちっちゃくてもあくびすると迫力あるヨ
のあザウルス.jpg
ニックネーム のあママ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする