2011年06月04日

黒い女

お芝居の話。

「黒い十人の女 〜version100℃〜」を 観ました。

黒い十人の女.JPG


青山円形劇場で ナイロン公演って、
あの小さな空間に、あのカッコいい映像や照明はもちろん、
この大人数キャストを どうやって 全方位から観せるのか。。。
すっごく楽しみにしておりました。

市川崑監督の映画 『黒い十人の女』の舞台化、とのこと。
妻以外に愛人9人を持つ テレビ・プロデューサーが、
彼女たちに殺害を企てられるストーリー。

映画は未見だけど、設定もストーリーもオリジナルに近い?
ちょうど半世紀前(1961年)の作品だそうですが、
現代でも全然違和感がありません。

冒頭の ”今” と ”当時”の、藤田さんから始まる交錯。
そこからすでに掴まれちゃったかも(*^。^*)

演出というか、ステージングというか、
いつもながらの 映像の素晴らしさに加え、
円形のステージが存分に活かされており、
場面転換すら、暗転というよりも話の中で すんなりと行われながら、
小さな舞台は最小限のセットで、次々と場所と空間を変えていく。

女って、こわーい・・
男って、ズルーい・・・

いやホント怖いけど、後からジワジワきますね。

黒い十人の女優陣、みなさんそれぞれよかったなぁ〜
市子さん。やばいです。巧さと凄味が和服で二割増!
双葉さん。やばすぎ。大女優強烈。素敵すぎ〜(*^^*)
五十鈴さんのメメちゃん、大ウケしてしまいました。

ふわふわと軽さ漂う「風」、いるいる、こんなヒト。
魅力がよくわからないのに、なぜか女性キラー。
みのすけさん、イイ味出してたなぁ(*^ー゜)b !!

彼が そういう仕打ちを女性たちにしてきたのだから
自業自得じゃない?と言ってしまえば それまでだけど、
十人、いや、十一人も女性がいたのに、
本当の意味で 彼を愛してたのは三輪子さんだけだなんて...

風を見切った 百瀬さん、「黒い十人の男」なのか...
ふーむ。

休憩10分挟んで 約3時間。
円形劇場の過酷な椅子状況ではあったものの(^-^;)、
ぐいぐい引きずり込まれる、見応え十分なお芝居でした。

素敵な時間を ありがとうございました(^O^)


我が家にも おりますです。

黒いオンナ?.JPG 黒い女(^-^;)
ニックネーム のあママ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2705117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック