2011年01月11日

お芝居初め

お芝居の話。

『ろくでなし啄木』 を 観に行きました。
2011年は 「三谷幸喜大感謝祭」 ということで(笑)、
新作舞台は 4本上演予定だ という、その最初の作品です。

作・演出は、もちろん 三谷幸喜さん。
出演は、藤原竜也さん、中村勘太郎さん、吹石一恵さん。
って、沖田総司 に 藤堂平助、ひでさん じゃないのーっ(*^。^*)
新選組!ファンにとっては たまらん顔ぶれです。

いつも三谷作品は、重鎮や 大御所、味のある俳優さんなど ベテラン勢の出演が多いけど、
今回のキャストは 若い俳優さんが3人のみ。
そして ミステリーらしい???
わくわくドキドキで、劇場に向かいました。

まだ 開幕間もないので、ネタばれしない程度に 感想を...(^-^;)


今回は、これまでの三谷さんにはなかったんじゃ? と 思うことがありました。

まずは 物語。
三谷作品で、ありそうでなかった 裏ストーリー展開。
第2幕の始まりかたは、個人的に ウケました(*^^)v

あと、セットというか、襖の使い方。
時間と空間の 表現の仕方が 面白かったです。


熱演の役者陣。

テツこと 中村勘太郎さん。
さすが舞台人です! 声も 動きも 目が離せない。
そして、ものすごい身体能力(◎o◎)!
第2幕は 独壇場でしたね〜、盛り上がり方も 落とし方も。

トミこと 吹石一恵さん。
も〜スタイルがよくて、大正ロマンな 着物が とってもお似合い☆
大変な格好まで させられてましたが(笑)、芸達者な2人と 堂々と渡り合って、
ホント初舞台とは思えなかったです。

ピンちゃんこと 藤原竜也さん。
最初は、勘太郎さんに押されてるかも?と思いました。
でも、ラストの展開で見事、締めてくれましたねぇ(^^ゞ
こういう苦悩の多い、屈折した役は、本当に 彼の魅力が光ると思います。

友情と愛情と、それぞれの思いが交錯する物語は、
三谷さんの言うとおり コメディではないけれど、
たくさんの笑いが 起きていたのは、3人の熱演から 自然に発生したもの。
朝陽を浴びる場面、同じ光なのに 3者3様で、それぞれに印象的でした。


今年のお芝居初め、素敵な作品を ありがとうございました(^○^)


ふて寝中
ろくでなし啄木.JPG お留守番だったわん...


ニックネーム のあママ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2519835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック