2011年07月25日

そうなのかぁ

昨日、のあが リビングの真ん中で まったりウトウトしてたときのこと。

のあパパと一緒に見てたYoutubeの映像から
突然、緊急地震速報のアラーム音が聞こえてきました。

すると、のあが ムクっと起き上がり、
とっとっとっと 我々の方に 脇目もふらずに駆け寄ってきて、
ソファの上にアゴをのせて、じぃっとしてるのです。

もしかして・・・。

数ヶ月前、このアラームが頻発してたとき、
家で この音が聞こえると いつも、
のあを抱きかかえては 部屋の真ん中で、あるいは
左手:のあ、右手:TV(ユラユラ倒れそうだったので(;O;) )をそれぞれ押さえて
揺れがおさまるのを じーっと待ちました。

今もまだまだ 大小の地震がありますが、
小さな揺れには 知らん顔して寝続けてる のあの姿に、
地震慣れしちゃったのかも・・・(^-^;)、なんて思ってました。

あの音が鳴る
--> のあパパやワタシに緊張感が走る
--> 何度か大きな揺れがきて怖い思いをした

時間が経っても、のあには その記憶がしっかり残っていたようです。


こんなふうに 基本ゆるゆるモードですが、
ゆるゆるだけど.JPG

思いもよらぬ学習をしていたってことですね...(@_@;)
ニックネーム のあママ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ベッジ・パードン

お芝居の話。

三谷幸喜生誕50周年企画、今年の新作舞台の3本め。
『ベッジ・パードン』 を 観ました。

ベッジ・パードン.JPG


表紙をめくると 窓がたくさんあるアパートの絵があって、
その窓の1つを開くと すぅっと物語の世界へ導かれる。。。

そんな 飛び出す絵本のような舞台セット。
素敵だなぁ、もしや?と思ったら、やっぱり美術は種田さんでしたか〜(*^。^*)

作家になる前の夏目漱石、ロンドン留学中の物語。
慣れない異国で繰り広げられる人間模様が描かれます。
キャストは5人だけど、登場人物は15人?(゜o゜)
伏線と笑いのツボがたくさんあって、三谷さんらしい作品でした。

客席は、立ち見も出るほど超満員。
のっけから笑いが起きて、リピーターの多さも伺えて。
いやいや今回、ほーんとチケット入手に苦労しまして、
やっとGetしたのは追加発売の補助席。 調べたら1階最後列のさらに後ろ。

でも、行ってみるとそこは 調整室の真ん前、
舞台全体が見渡せるナイスなポジションでした(*^^)b
が、やっぱり補助席は補助席、椅子がスタンドチェアみたいな...(/_;)
円形劇場もつらいけど、高椅子もつらかった...(>_<)

チケット争奪戦に拍車をかけた、人気の高い役者陣。

雰囲気や身のこなしが 金ちゃんにぴったりの 野村萬斎さん。
台詞の聞き取りやすさは さすがです。
ラストのポーズは まさに夏目漱石でした。

ころころ変わる表情がとってもキュートな 深津絵里さん。
このイメージって、やっぱあのアニー?と思っちゃった(*^m^*)
あの独特な台詞回しをスラスラ、やっぱり巧いですね。

ミュージカル好きな先輩イチオシの 浦井健治さん。
お初にお目にかかれること、楽しみにしておりました〜ヽ(^o^)丿
あると思ってた歌の見せ場が 少しで残念。でも声量がすごかった!

「わが家の歴史」を見て、三谷舞台に呼ばれる日も遠くないと思ってた大泉洋さん。
ソータローは演技なの?素なの?まんまって感じ。
ひねくれた役を嫌味にせず、後味悪くさせないのは、彼の大きな魅力ですね。

そして、お疲れさまです、浅野和之さん。
みんな同じ顔に見える・・・三谷式解釈を忠実に?体現されており...(≧▽≦)
楽しませていただきました。素晴らしい!

全員が一度に顔を揃えるシーンが少なかったけど、
5人揃った弾丸ロスのくだりは やっぱり盛り上がりましたね。
一人ひとり細かい演技をしてて、さすがの演出です。

カーテンコール、客席の隅々まで視線を送るキャストの中で、
ひとり真っ直ぐ調整室を見てた 大泉さん。
もー目が合っちゃったじゃないのぉ ← だってワタシは調整室前...(^o^;)>

最後の最後、1つの窓から5人が顔を出し、手を振りながらお別れ。

まるで絵本の最後のページを パタンと閉じるような、
余韻が残る 素敵な終わりかたでした。


楽しい時間を、どうもありがとうございました。


飼い主に似るってホント?
さっぱりしました〜.JPG ん?
ニックネーム のあママ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

受け止め直して

先日、突然、のあがびっこを引いて 様子がおかしかった件で、
16日の土曜日に CT検査を受けました。

というのも、10日の日曜、いちおう、整形専門の先生の診察を受けたところ、
『 触診OK、痛がってる箇所もないですね、
歩かせても全然普通だし、元気いっぱいだから大丈夫だと思うけど・・・』
と言いながら見せられた レントゲン写真。

左の上腕骨の影が薄い=右のように真っ白に映っていない

この場合、骨肉腫などの恐い病気の可能性がないとも言えない、と言われ、
いろいろ相談してCT検査を受けることになり・・・。

でも病院には装置がないので、すぐに画像検査専門センターに連絡、
その週末の土曜日、朝いちばんに予約を取ってくださいました。

ヒトで言えば、健康診断のレントゲンで ひっかかり、
精密検査を受けることになった、といえるでしょうか。
なんでもないことがわかったら それで安心だし、
万が一、重大な病気なら すぐに治療を考えなきゃいけない。

気になって気になって、仕事もあまり手につかない1週間を過ごし、
迎えた検査当日。

検査室に連れていかれるときも、逃げ出そうとしたり、ジタバタ大騒ぎしたり、
そんな のあの姿を見て、先生もスタッフの方も 「元気ですねぇ」と失笑。
緊張気味の我々に対し、「念のため」の検査ということですもんね、
しっかり診させていただきますね、と 先生がおっしゃってくださいました。

結果は、特に異常なし。
安心されましたよねぇ、ウチも猫がいるけど、もし検査なんて言われたら、
心配で仕事どころじゃなくなります、きっと、、、と先生。
はい、そのとおりでした。。。

画像を見ながら、上腕骨、肺、脊髄などの状態を説明してもらってる間、
隣の部屋から のあの フンフンがさごそ騒ぐ声が聞こえてきました。
麻酔から醒めるの、すごく早かったそうです...(^-^;)

点滴針の止血で 包帯を巻いてもらってた のあ。

チューリップの唐揚げだ〜.JPG まるで チューリップ唐揚げ...


翌日曜日、最終診断のために検査結果を持って 再び病院へ。

検査結果.JPG


連休中日なのに 大混雑でした。。。(>_<)

じっと待ちます.JPG じっと待つわん

結果と報告書を見て、先生も よかったホッとしました、とにっこり。

やっぱり ぶつけたり ひねったりあたりが濃厚かと。
騒ぎすぎなのか、ドジなのか。。。(;O;)

なにはともあれ、何事もなくて本当によかったけど、
病気についていろいろ調べて、考えさせられることが多かった今回。

”犬を飼うってことは、そのコの犬生を まるごと引き受けるんだよ”

のあを迎える際、のあパパ父が 我々にかけてくれた この言葉。

その意味を、重みを、しっかり受け止め直して、
これからも のあと一緒に 笑顔いっぱい元気に過ごしていきたいと思います。



のあさん、おつかれさま

お疲れさまだね.JPG
ニックネーム のあママ at 23:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

まだまだひよっこ

週末に出かけた先で、通りすがりのママさんが 「ムックよ♪」と 子どもたちに言ったら、
「え〜違うよ。白いとこないもん」と完全否定されてました。

ムックと同じですよ〜、と のあパパが助け舟。

ムックですか?.JPG 色違いなの(^-^;)


さて、話変わって。

昨日7/3の日曜日。
浜田省吾さんのライブ@代々木第一体育館に行きました。

20110703@代々木.JPG 20110703@代々木..JPG

相変わらずの歌の巧さと 声量、圧倒的な存在感。
選曲も 映像も 良かったぁ〜(*^。^*)
浜省もそうですが、ミュージシャン全員が 素晴らしい!
インストなんて、もうほとんどオーケストラ(゜o゜)
とっておきの時間を 楽しんでまいりました。

力強い曲では どこまでもパワフルで、
甘いラブソングでは 全部を包み込んでくれるような、
なんとも切ない彼の声が好き。

ライブ前、友人たちの 「浜省を聴くようになったきっかけ」を聞いてて、
はてワタシは なんでファンになったんだっけ?と考えました。

最初に手にしたアルバムは 「J・BOY」・・・しかもレンタル (^-^;)
実際、手持ちのアルバムは とっても少なく、
サビだけ or タイトルだけ知ってるー!という曲ばかり。
まだまだ ひよっこな 浜省ファンなのであります。


先月の、ある日の新聞広告。
僕と彼女と週末に.JPG

震災前から決まっていた ツアータイトル "The Last Weekend"
そのアルバムの収録曲 -「僕と彼女と週末に」

これもタイトルだけ知ってて、勝手に
”週末に彼女と海までドライブ♪の極上ラブソング” だと思ってました。

でも、この広告に載ってた歌詞を見ると 雰囲気が全然違って、すごく胸が痛くなって、
慌てて探して聴いてみたら、涙が止まりませんでした。
この曲を、このタイミングで、ライブで聴くことができるとは。

生で聴いたら どんな気持ちになるのか ちょっと怖かったけど、
力強く優しく、思いをこめて歌う浜省の姿を見て、
あぁ、これは希望の曲なんだなぁと思いました。

現実から目を逸らさず、全部受け入れて、前を向いていこう。

昨日のライブに携わった すべての方々に 感謝を込めて。
素敵な夜を 本当にありがとうございました。

.
.
きっかけかもしれません
ニックネーム のあママ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 観る楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

喋れたらいいのにね

今週月曜の朝、のあパパが 家を出る間際に、
「あれ? なんか のあさん、足引きずってるなぁ」 と 呟きました。

その後、お散歩に出かけた時に 気をつけて見たのだけれど、
特にそんな素振りもなく、いつものように てろてろ歩いてました。

で、仕事から帰って 玄関のドアを開けたら、
いつもなら ワタシの顔を見て、「また置いてけぼりー<`ヘ´>」と
びょんびょんばしばしジャンプ&パンチで大騒ぎなのに、
そばまで来ても ジャンプに力がなく、なーんか動きが鈍い。

ん?と思ってよくみると、左前足を引きずって 気だるい雰囲気で、
どうした?どこか痛い??と聞いても、ボーっと立ってるだけ。

遅い時間だったけど、ダメもとで近所の動物病院に電話したら診察ok。
慌てて行って診てもらったところ、触った感じでは特に異常がなく、
痛がるような嫌がるような触り方してるのに、痛がる気配がないので、
大きな骨折とか腫瘍、怪我ではなさそう、と。
元気&食欲はあるし、うんちも健康なので、
3日間痛み止めを飲んで、なるべく運動を控えて様子を見ましょう、
ということになりました。

そして今日、やっぱりまだちょっと引きずるので、
いつもの病院に連れて行って 診てもらうことに。

いろいろ触ったところ、右肩に比べて 左肩付近の筋肉が薄いので、
本人(犬)もなにか違和感があって かばっている感じ、
前から若干あったのかもしれないけど、
なにかきっかけがあって痛くなったんじゃないかな、と
左肩あたりが怪しいという話になりました。

フローリングの滑りやすい環境や 段差のあるところからの着地、
脇の下に手を当てて"高い高い"状態で抱えあげること、体重増加、etc...
先生が挙げた要因と注意事項は、我々に反省を促すことばかり。。。(-_-;)

あとは、人間と同じくグルコサミン効果が出るわんこもいるそうなので、
尿検査して悪い値が出なければ サプリ併用もよいかも、とのこと。

今すぐどうこう、という状況ではないけど、
毎週日曜は整形専門医がいるから、1週間様子をみて、
来週レントゲンを撮って診てもらってもよいと思う、ということで、
また痛み止め3日分+サプリのサンプルを少しもらって終了しました。

7歳もうすぐ8ヶ月。
人間で言えば40代半ば〜後半ってところでしょうか、
自分では「まだまだ若いわん」と思っていても、
そろそろ無理が体にこたえる年齢になってきました。

相変わらず食欲旺盛、元気満々なので、
「痛い」とか「なんか変」とか 喋ってくれたらいいんだけど、
もうこれは 我々が気づくしかないのです。

この先、歩くのがつらくなっちゃわないように、
大好きなお散歩を いくつになっても楽しめるように、
まずはダイエットからですかね(^-^;) ←ちょっと体重増(涙)


暑いから窓際に行ったはずだけど・・・その格好で はたして涼しいのか???
涼しいのか?.JPG



ニックネーム のあママ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする